決済がエラーになるか銀行が立て替える

デビットカードの決済は必ずしも、商品を購入した直後や有料サービスに登録した直後に行われるとは限りません。たとえば、有料サービスに登録してから数週間後に決済が行われることもあります。では、もしそのタイミングで口座にお金が入ってなかった場合はどうなるのかというと、二つのケースが考えられます。まず、決済はエラーになり、有料サービスと契約していながら料金は未納という状態になるケース。もう一つが、デビットカードを発行している銀行が立て替えるためサービス提供会社には未納にならないものの、銀行に対して立て替えてもらったお金を支払わないといけないケースです。どちらにしても、お金を支払わなければなりません。

銀行に立て替えてもらった場合は早急に返済しよう

サービス提供会社に対して未納になった場合、再度の引き落としが行われる、あるいはコンビニで支払うための振込用紙が送られてくるといったことが考えられます。もし、支払い期限を過ぎても料金を納めないとサービスを解約させられてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。銀行が立て替えてくれた場合も要注意です。というのは、銀行に対して早めに返済しないと、デビットカードを解約させられてしまう可能性が出てくるからです。一度、解約扱いになってしまった場合、銀行口座自体はそのまま維持できても、再度デビットカードを作るのはほぼ不可能なのでできるだけ早く返済するようにしましょう。デビットカードを解約されても返済せずにいると、場合によっては債権回収会社に債権を移され、自宅に督促のはがきが送られてきたり、電話がかかってくることがあります。

決済代行は、手間がかかる決済手続きを専門家が代行してくれ専門家ならではの効率的な作業をしてくれます。入金照合や売上管理等を代行会社に任せる事ができるので、運営の際のコスト削減が期待できます。