相互信頼のネットワークが価値を保証

最近、経済関連のニュースでたびたび耳にする言葉の1つに、仮想通貨があります。仮想通貨とは、簡単に言えばインターネット上で利用できるお金のことです。実体はなく、デジタルデータのやり取りだけでモノを買ったり、誰かに渡したりすることができます。ただのデータであれば何の価値もないのではないかと思う人もいるかも知れませんが、確かにその通りです。ただ、現在の通貨のもととなっている金や銀だって、最初は土に埋まっている鉱物というだけで何の価値もありませんでした。それをお金として通用させているのは、人々の相互信頼によるものです。仮想通貨はその信頼を、通信ネットワーク上で実現しているのです。現実の通貨と同様、仮想通貨は世界中のあちこちで発行されていますが、その起源に位置するのがビットコインです。ある意味、仮想通貨の代名詞とも言われる存在です。

投資の対象としても注目

ビットコインの基本的な仕組みは、2009年ごろに作られました。従来は非常に時間とコストのかかる作業だった海外送金を効率的に行うために発案されたとされています。その後、利便性の高さが評価されて普及が進み、現在では街中でのショッピングに利用できるなど現実の通貨と同じように使われる場面も生まれています。ビットコインはまた、投資商品としても注目されています。外国為替市場での通貨価値の変動を利用して利益獲得を目指すFX取引という投資手法がありますが、同様にビットコインを安く買って高く売ることで、利ザヤを稼ぐことが可能です。まだ歴史が浅いため価格の変動幅が大きく、リスクは高めですが大きなリターンも目指せます。

ビットコインでFXの大きなメリットは、ビットコイン自体の価値が下がっている場合も、FXで利益を上げることができることです。