高校の勉強をやり直すための選択肢

事情があって高校を中退して働き始めたが、改めて学び直したい、そんな時に通常考えられるのは、高校への復学という選択肢です。

ただ、中退してから時間が経っている場合、どうしても周囲との年齢差が気になってしまいます。また、そもそも中退の理由が学内での人間関係にあったのだとしたら、再び同じことを繰り返すのではないかという不安が生じます。

こうした問題をうまく解決するには、別の手段を考える必要があります。そこで注目したいのが、通信制高校です。

得られるのは正規の高卒資格

通信制高校は、通信教育によって高校の授業が受けられる教育機関です。単位制を採用しているところが多く、所定の単位数を取得した時点で高卒資格が得られます。中退者に対しては、中退以前に履修した単位の一部または全部を通算できる制度も設けられています。

通信制高校には公立と私立の2種類がありますが、いずれも正規の高卒資格が得られます。よく誤解されがちですが、高卒認定資格とは異なります。高卒認定資格とは大学等の受験資格を得るために必要な資格の1つで、認定試験に合格すれば高校中退者でも取得できます。ただ、上の学校に進まない限りは最終学歴は「中卒」のままです。これに対し、通信制高校を卒業すればその時点での最終学歴は「高卒」となります。

余った時間を自由に使える

通信制高校は自宅学習が基本なので、自分なりのペースで勉強が進められます。分からないことや悩んでいることなどがあれば、スクーリングと呼ばれる通学制度を利用して教職員に相談することができます。全日制の高校に比べると自由に使える時間が多いため、仕事や趣味などと両立させながら学べるというメリットがあります。

個人の事情で全日制に通えない子供のために通信制高校を名古屋でと考えているなら、ライフスタイルに合った学習方法を教師とともに探していける学校があります。