心理学はどのように学ぶ?

心理学とは、人間のあらゆる心の動きについて研究する学問です。心理学を学ぶには、大学などの教育機関で学ぶ方法や通信教育で学ぶ方法があります。また、心理学に関しては、初心者向けから上級者向けまで多くの書物が出版されているため、自分に合う書物を見つけて自己流で学ぶという方法もあります。大学では、教育心理学や発達心理学など様々な分野から心理学を学ぶ機会があります。自分がどのように心理学と関わっていこうと考えているのかを見極めて、専攻を決めます。心理カウンセラーなどを目指す人は、より専門的な知識を身に付けるために、大学院に進学する人も多いようです。昼間仕事をしながら、心理学を学びたいと考えている人などは、通信教育を活用しています。通信教育では一般的に、用意された教材で自宅学習をし、レポートなどを提出して学習を進めていきます。

心理学を学んで取得できる資格って?

大学の心理学部で心理学を学ぶと、心理学に関わる資格を取得することができます。心理学に関連する仕事に就くために必要な、日本心理学会認定心理士の資格や、心理学の国家資格である公認心理士などが該当します。また、小学校や中学校などの教育機関でもニーズが増しているスクールカウンセラーを目指すためには、大学もしくは大学院で心理学を学ぶ必要があります。子供専門のカウンセラーであるスクールカウンセラーの仕事は、専門性が高く子供たちの人格形成に関わる重要な仕事です。大学で専門知識を身に付け、臨床心理士の資格を有していることが望ましいと考えられています。

心理学の大学では、科学的なやり方で観察や調査・面接などの情報から分析をしたりすることを学んでいきます。