社会労務士ってなんだろう?

社会労務士(社労士)ってよく耳にはするけど、具体的にどのような仕事をしている人なのかと問われるとよくわからないという人は多いのではないでしょうか。社会労務士とは、厚生労働省の法律系の国家資格です。個人向けに仕事をしている人もいれば、対企業の仕事をしている人もいます。この社会労務士には社会労務士にしか出来ない「独占業務」というものがあります。社会労務士にしか出来ない独占業務とは一体何なのでしょうか。

社会労務士の独占業務

社会労務士の独占業務となっているのが、就業規則や社会保険の手続きなどといった書類を作成したり、その書類の提出をを代行するというものです。したがって、就業規則や雇用契約書の作成、ハローワークや年金事務所などに行う社会保険に関する書類手続きの代行を主な仕事としている社会労務士が多いです。これらは社労士の1号業務・2号業務と呼ばれているものになります。

相談や指導も仕事の一つ

社労士の1号業務・2号業務以外にも仕事はあり、相談・指導といった人材コンサルタント的な仕事も社労士の仕事の1つで、独占業務ではありませんが社労士の3号業務となっています。

社会労務士の働き方は

社会労務士の働き方は、社労士事務所や社労士法人に雇われる勤務社労士と呼ばれるものが主流です。社労士事務所が法人化出来るようになったので、この働き方が非常に増えています。また、個人で開業している社労士も少なくありません。開業している人は、社労士の仕事よりもコンサルタント業をメインにしている人も多いです。

社会保険労務士の就業規則で残業や休暇取得のルールを明確にし、メリハリのある働き方を実現してはいかがでしょうか。