利便性の高い決済代行

決済代行とは、クレジットカード会社と加盟店の間に入って、カード決済の代行をすることです。クレジットカードだけではなく、コンビニ決済や携帯キャリア決済など、さまざまなシステムに対応しています。決済代行のメリットは、加盟店がカード決済の手間を省けるところです。なぜなら、それぞれのカード会社によって、利用方法や手数料が異なります。けれど、決済代行を請け負っている業者に依頼すれば、個別に対応する必要がなくなりますので、仕事の効率化を実現することができます。しかも、カード審査や事務手続きなどにも対応しているために、利便性の高さには定評があります。カード会社との交渉を依頼することも可能ですから、スタッフの負担が軽くなります。

決済代行の選び方について

決済代行を請け負っている業者はたくさん存在しています。納得できる選び方をしたいなら、それぞれの業者に見積もりをお願いすることがポイントです。見積もりは無料ですから、費用に関する心配はありません。決済代行にかかる料金プランを提示してもらえますので、じっくり見比べることが大事です。さらに、カード審査にかかる期間も業者によって異なります。最短期間の業者を見つけることがコツです。尚、セキュリティ対策に力を入れている業者を選ぶことが重要です。見積もりの段階で、各業者が行っているセキュリティ対策について、詳しい説明を依頼しましょう。プライバシーマークやセキュリティコードの採用が決め手となります。

決済代行には、決済システムを提供する会社がクレジットカード会社を持つ金融機関とカード決済を取り入れたい店舗を仲介する働きがあります。