事業資金って何?どんな種類があるの?

事業資金は開業するときや、運営に用いられる資金のことです。事業を続けていくうえで非常に大切なものであるため、どのような目的でどのように調達するかが大切になってきます。事業資金として、真っ先に挙げられるのが開業資金でしょう。最近ではあまり資金をかけずに開業することも可能ですが、それでもある程度の資金は必要になりますよね。実績がなければ借りるのが難しいため、調達するのに最大の難関といえます。

土地の購入や機器など、設備を整えるための資金が設備資金です。こちらも開業前で実績がなければ、調達はなかなか厳しいでしょう。そして順調に開業して、運営をつづけていくために使われるのが運転資金なんです。仕入れや人件費、光熱費などの費用が運転資金にあたります。この時点になれば多少の実績があるため、比較的調達しやすくなります。

どこに頼めばいい?事業資金の調達先とは

事業資金の調達法にはいくつかありますが、最も利用されているのが民間あるいは政府系の銀行や信用金庫、ビジネスローンや自治体からの融資です。もちろん厳格な審査がありますので、各機関が定めた審査基準に通過しなければ融資を受けられません。国や自治体による補助金と助成金もありますが、返済が必要ない代わりに特定の事業の完了が必要なことが多く、助成金の場合雇用などの一定の条件を満た必要があります。

現在では、クラウドファンディングによる資金調達も増加しています。インターネット上で善意のお金を募るため、審査や返済が必要ないのが魅力です。しかし多くの人からお金を出してもらうには、詳細な事業内容を理解してもらい、何らかのメリットを与えるなどの努力は必要でしょう。

事業資金を効率よく集めるためにはクラウドファンディングが有効です。ネット等で簡単に申し込むことができます。